川崎市相続トピックス

7a0df6ce8497ba8831a6ad81ef239bf7_s-e1510292455300
飯田グループホールディングス創業者相続で80億円余りの資産管理会社株式申告漏れがありました。
山林
平成29年9月22日の朝日新聞に「原野商法 今度は転売話」の記事が載った。
4bee3e3ccea611104abf4dcbb167789e_s-e1503020454160
金を密輸してそれを同額で国内の貴金属商に売却すれば、消費税8%をつけて買い取ってくれるため、その消費税分がもうけになる。こういった記事を度々新聞で目にします。
bc58e91c219c894949743ac436823590_s-e1503019387920
平成29年8月12日の朝日新聞に「平成3年に1,300万円で購入した別荘地を平成29年3月に10万で売却、手数料や宣伝費で21万円支払い今回の取引だけで差し引きマイナス11万円」の記事が載った。
申告漏れ
飯田グループホールディングスの創業者飯田一男氏が2013年に亡くなり、その相続税の税務調査に東京国税局が入り、80億円余りの申告漏れを指摘された。
養子縁組
最高裁第3小法廷は平成29年1月31日、「節税のための養子縁組でも、直ちに無効とはいえない」との判断を下した。
c97c5117ed7266263934dc84fc25fa33_s
最高裁大法廷は平成28年12月19日、「預貯金は遺産分割の対象」とする初判断を示した。
7aac12038ba16ee1ecdb66540433c78a_s
相続税がない中国では、高級官僚など富裕層で親の財産を子供がそのまま相続することが可能となっているが、今後は?
銀行提案の自社株相続節税対策を否認
自社株の相続対策に悩む中小企業の経営者が、取引銀行から提案された別会社へ株を売却するなどの節税策を実行したところ、税務署に認められず課税され、国を相手取った訴訟に発展するケースが増えている。
西山裕志税理士事務所_ページのトップへ