太陽光発電による電力を売却した場合、確定申告は必要ですか?

  • 太陽光発電
  • 良くある相続贈与のご質問

太陽光発電による電力を売却した場合、確定申告は必要ですか?

私は、自宅の建築にあたって、住宅用太陽光発電装置を屋根に設置しました。
自宅での使用電力を除き、売却電力について毎月1万円くらいの入金があります。これは確定申告する必要がありますか?

基本的に必要ですが、条件により必要ではない場合もあります。

自宅に設置された太陽光発電装置による売電収入は、雑所得として申告する必要があります。
ただし、次に該当する場合には申告する必要はありません。

 1か所から給与の支払いを受けている人(年末調整をしている人)で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円以下の人

 公的年金等の受給者で、その年中の公的年金等の収入金額が400万円以下であり、かつ、その年分の公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下である人。また、太陽光発電装置に係る減価償却費については、総発電量のうちに売却した電力量の占める割合を業務用割合として計算した金額を必要経費に算入することができます。

医療費控除を受けたり、他の税制優遇措置を受ける為に確定申告をする場合は、左記の確定申告の必要がない場合に該当しても、売電収入について申告しなければいけません。

確定申告の必要がない場合でも、住民税の申告については、売電収入を別途申告する必要がありあます。

 自宅に設置された太陽光発電装置による売電収入の場合→雑所得

 事業所得者が事業所に太陽光発電装置を設置し、売電収入を得ている場合→事業所得

 不動産所得者が賃貸物件に太陽光発電装置を設置し、売電収入を得ている場合

●賃貸物件の共用部分の電力に充て、余剰電力部分を売却する場合 → 不動産所得

●賃貸物件の共用部分の電力に充てず、すべてを売却する場合  → 雑所得